ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

細野晴臣と地球の仲間たち@日比谷野外音楽堂



2007/07/28 18:00

なんとも、贅沢すぎるステージでした。




随分と久しぶりの記事になってしまって恐縮です!


ブログ更新もままならぬ忙しさの中、
先行申し込みに敗退し、当たってもどうせ仕事だろう...と、
まったく行ける気がしていなかった、
細野晴臣と地球の仲間たち」。

前日の朝になって、
「どうも、当日は仕事が入らないっぽい」
ということが判明し、
いきおいで、某mixi経由でチケットを入手。

ほぼ最後列だったけど、
一応、指定席が運よくゲット出来てしまいました。

会場では、
久しぶりの友人との再会などもあり、
まあ、なんか呼ばれた感じだったのかも知れません。

雨も降らず、
天気も、なかなかのコンディションでした。


Image312.jpg

しょっぱなのヴァン・ダイク・パークスのユニットセット。


この、
細野晴臣と地球の仲間たち」とは、
先日発売された、
細野氏のトリビュートアルバムに参加した
豪華な面々をそのままに、
生ライブしてしまった
という、
あり得ないイベントでした。



<出演者>
細野晴臣
ヴァン・ダイク・パークス
坂本龍一
高橋幸宏
小山田圭吾
嶺川貴子
カヒミカリィ
ジム・オルーク
コシミハル
ワールドスタンダード
高野寛
サケロック
ASA-CHANG
Tico(Little Tempo)
畠山美由紀
小池光子(ビューティフルハミングバード)
寺尾紗穂
Bophana
片寄明人
ヴァガボンドcpa
□□□(クチロロ)
たまきあや
といぼっくすbits
miroque
浜口茂外也
徳武弘文
高田漣
鈴木正人
伊賀航
MICA BOX
サンディー(ほか?)



ほんと、
食べきれない懐石料理のフルコースみたいでした。

基本的には、
1コラボレーションユニットあたり、
盤同様に1曲の披露。

トリビュート盤には参加していた、
矢野顕子、レイハラカミ、
リトルクリーチャーズ、原田郁子
テイトウワ、スカパラなどの参加こそなかったものの、
実際、これ以上に参加アーティストが
豪華になっても完全に消化不良を起こして
いたことでしょう。

おなかいっぱいには、
充分すぎでした。



開演30分前ぐらいに、
日比谷公園に到着。

席について、
わざわざ席まで駈けてきてくれた友人と挨拶。

開演時間の18時になって、
まずステージに登場したのは
竹中直人氏でした。

竹中氏のMCに呼ばれて、
YMOの御三方が登場。
豪華なステージの割に、
非常にユルい展開です。

そして、
生きた伝説、ヴァン・ダイク・パークス
しょっぱな、ヴァン・ダイク・パークスの指揮する
オーケストラに、ゲストヴォーカルはサンディー嬢

ヴァン・ダイク・パークスは、
後半では、史上初めてだという、
ヴォーカルまで披露
してました。

全部レビューすると長いので
はしょります。

その後も、
各ユニット、ゆるゆると1曲ずつ披露。

ユルい空気に、
面子の豪華さとクオリティの高さの
アンバランスさが絶妙です。

お客さんは、
入り口でもらったウチワをはためかし、
座って気持ち良く楽しんでいます。


カヒミ譲&ジムオルークのセットでの、
スティールパンは、なんとLittle Tempoの土岐TICO氏でした。

もうね、
あり得ない状況の連続に
クラクラです。

どのユニットも
良かったのですが、
個人的に一番ジーンと来たのは、
意外にも、教授と嶺川貴子嬢の「風の谷のナウシカ」でした。

意外と通る、
嶺川さんの声が美しかったです。
曲も、ほんといいですね。

そして、
前半のトリは、
坂本龍一+高橋幸宏+小山田圭吾による、
「Turn Turn」。

Image313.jpg


スゴイですね。
後半のMCで、細野さんも「あの3人でいいね」
と言っていたけど、ほんとスゴかった。
アレンジも演奏も貫禄の迫力でした。

ああ、
そういえば、
僕は、元々のトリビュート盤を
聴かずにライブに挑んだのです。

なので、
どの曲も新鮮に聴けました。



トリビュートゲストユニットによる前半終了後、
15分間の休憩がありました。

グッズでも見ようかと席を立ったら、
久々に会う友人と再会。
お茶でもまた今度、という約束しました。
お互い都合ついたらゆっくり話しましょう。

休憩後、
登場したのはこれまた伝説のコンビ、
チャーリーボブ彦&ジャッキーテル彦でした。

竹中直人と高橋幸宏による、
2人そろって、流してま~す
の、あの2人です。

さすがです。素晴らしすぎ。



後半は、
いよいよ登場、細野晴臣御大です。

東京シャイネスならぬ、
その進化バージョン、ワールドシャイネスだそうです。
現在レコーディング中とのこと。

進化した、細野晴臣&ワールドシャイネスは、
カントリーユニットでした。

「ポンポン蒸気」などの往年の名曲から、
細野氏曰く、マニアックなカントリーのカヴァーまで。
数曲を披露。

途中、民謡の歌姫だという2人の女性を
ステージに登場させ、HISの「日本の人」(ですよね?)を披露。

そして、ヴァンダイクパークスのヴォーカルで、
教授のサポート入り
で、1曲。

Image315.jpg


オーラスは、
高橋幸宏氏を迎えての、
カントリーmixの「スポーツマン」。

「スポーツマン」かっこよかったなあ~。

そして最後に、
全員登場で「SAYONARA」。

Image317.jpg


そしてそして、
最後に細野さんへのサプライズ。
細野さんへのバースデーケーキで、幕を閉じました。



どうですか。
お腹いっぱいでしょう?

行ってよかったです。





スポンサーサイト
  1. 2007/07/29(日) 12:16:58|
  2. ☆ライブレポ(2007年版)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/31(金) 15:55:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

最高のライブでしたね

はじめまして。
最高のライブでしたね。
補足させていただけば、アンコールは、幸せハッピー→さよならアメリカさよならニッポンだったと記憶しております。
  1. 2008/03/28(金) 22:12:16 |
  2. URL |
  3. warsaw #-
  4. [ 編集]

>warsaw

補足ありがとうございます!
こんどDVD化もされますね~
  1. 2008/04/02(水) 11:16:06 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/80-2c42e1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「細野晴臣と地球の仲間たち」に行く

●行ってまいりました。7月28日、日比谷野外音楽堂。  国内の野外公演なんて、い
  1. 2007/08/03(金) 13:21:22 |
  2. The Offending Instruments

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。