ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

bonobos/electlyric(2nd アルバム)




ダブ、レゲエな要素を
ポップに操る、
いま最もハッピーかもしれないバンド、
bonobos(ボノボ)の
2ndアルバム「electlyric」です。


bonobosは、美しい声を持つ、
ボーカルの蔡忠浩を中心とした
5人編成の大阪出身のバンドです。


bonobosを初めて聴いたのが、
この「electlyric」でした。


初めて聴いた時は、
ポストフィッシュマンズ?
…という感じの印象だけでしたが、
聴くほどに、bonobosのなんともいえない、
ハッピーな世界観の中の、
ポジティブな切なさというか、
独特の魅力に惹き込まれていきました。


でもって、今度DVDになる、
3rdアルバムのツアー、
「や、おん」のライブを体感しちゃったのです。

運が良かったです。
そりゃもう、とてもいい流れで
好きになれたバンドなのです。



朝本浩文をプロデュースに迎えた
この2nd「electlyric」は、
bonobosのブレイクにつながった1枚、ですよね。

入門編として聴きやすいです。
いい曲てんこもり。


彼らのライブで必ず最後に演奏する、
THANK YOU FOR THE MUSIC」は、
このアルバムの4曲目です。

個人的には、
2、3曲目が好きです。

2曲目「グレープフルーツムーン」は、
夜の会社からの帰り道などにおすすめです。

3曲目「LOVER'S ROCK」は、
ひなたぼっこにおすすめな感じです。

意外と合うドラムンベースを
入れた8曲目「Floating」も好きです。


ジャケットワークは、
THE BWOYこと、元イルドーザー、
元トイレットの井口弘史氏。

ジャケットいいなー
誰のデザインだろ?
と、思って奥付みたら
井口さんでした。

実は“いぐっちゃん”こと井口さんは、
ちょっと知り合いだったりもします。
とても真面目にデザインと
ユースカルチャーを愛している方です。




以下、このCDにまつわる
個人的な思い出話です。


このbonobosのCDは、
ちょっと前の自分の
音楽生活を一変させるきっかけに
なったアルバムだったりもします。

これと、
Little Tempoのロン・リディム


ちょっと前まで自分は、
ロックとJAZZY HIP HOPを中心に聴いていました。
でももう新しい音楽を発掘する気が
ちょっと失せていたりもしてました。


そんな折、
とある友人にこのCDを推薦されて、
それをきっかけに、
ここ最近完全にハマっている、
エレクトロニカやダブ、
リゾート系やスカ、レゲエに傾倒した
音楽を聴くようになれたのでした。


この1枚は、そういう、
自分の音楽生活を
ひっくり返すきっかけとなった
1枚でもあります。

そして、これを教えてくれた
友人との出会いの1枚だったりもする、
思い出のCDです。





★bnobos公式サイト


スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2006/10/18(水) 12:59:45|
  2. bonobos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/4-11f65c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。