ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JAPANESE SYNCHRO SYSTEM/THE ELABORATION(CLUB)



TBHILL-BOSSTINOCALMによる、
ダンスミュージックユニット、
JAPANESE SYNCHRO SYSTEMの1st「THE ELABORATION」。
ヤッバイです。


いやマジでヤバイです。
大名盤

正直、CALM氏ってまともに聴いたことなかったし、
ボスはHERBEST MOONの例があるし、
衝動的に飛びついて買った訳じゃなくて、
どんな感じかとりあえず試聴…みたいな感じでした。

そしたら音、めちゃくちゃ良くて…。
「えっ!」ってぐらい。

ほんとは今月もう新譜買ってる場合じゃなくて、
タワーでCD持ってうろうろしちゃって…。
さんざん悩んだあげく買いました。
でも大正解


CALM氏のディープハウスを基調としたトラックに、
ボスのラップで織りなすダンスミュージク
確かに前半はダンスミュージック

しかし後半は、ピアノとストリングスが基調となり、
ボスは日本語をハッキリと発音しての
ポエトリーリーディング

スゴイっすよほんと。


061117_163535.jpg

タワレコ特典でもらったDVD。PV1曲入りでした。



THA BLUE HERBの、
BOSS THE MCことILL-BOSTINOことボス

本拠地、THA BLUE HERBでは、
あまりにも熱量が高い、コアな、
聴く人を打ちのめすライムを主張するボス

from サッポロを原点として、
デビューはまず自身のレーベル、
THA BLUE HERB RECORDING
立ち上げることからだったボス

東京のシーンとは全く別の
ヒップホップシーンを作り上げてしまった
ボス言霊は、巷のB系とは一線を画します。

ただしこのユニットでのボスは「」です。

TBHとは違う、
新しい地平を求めてこのユニットにたどり着いたボスなのです。

僕はTBHも好きで以前よく聴いていました。
今度、また別で紹介します。


CALM氏のことはほんと知りません。
すいません。
名前は知ってたけど、
ちゃんと聴いたことは皆無です。

だから、このCDを手にした理由は、
“ボスの新ユニットだから”でした。

でも、CALM氏のトラックがスゴかった…。

聴く前は、ボスの独壇場を予想してたけど、
このユニットはCALM氏の独壇場です。

ていうか、
基本的には、CALM & ILL-BOSSTINOのユニット
という設定なんでしょうけど、
仕上がりとしては、
CALM BAND & THA BLUE HERB RECORDING
って感じのユニットです。

ハウスですけど、
生音バリバリです。


1曲目「LET'S GO BANG!」。
CALM氏のハウスビートに、
THA BLUE HERB RECORDINGからコージ氏が参加。
コージ氏のDUBなエコーがかかった
ブルースハープがめっちゃカッコいいです。

2曲目「CHECK IT, SPREAD IT」は、いつものボスより遥かに控えめだけど、
その言霊の片鱗が伺えます。

3曲目「I'M ON FIRE」は
ブルース・スプリングスティーンのカヴァー。
歌うはコージ氏。

4曲目「A DAY IN THE LIFE」は12’47”の大曲。
こっからのボスポエトリーリーディングです。
TBHRからSHUREN THE FIREがフルートで参加。

5曲目「X-tension」。
ハウスなビートとピアノのセッション。
まるでジャズです。コージ氏のシャウトもカッコよし。

6曲目「Chagin' Times」はドラマーPONTA氏の曲のカヴァー。
実際ドラムはPONTA氏が担当。
この曲のストリングスとピアノがたまりません。

7曲目「The Dream Will Live On」。
子供をフィーチャーした曲。
ほんとに子供が書いた夏休みの作文のようなリリック。
これをリリックと言うオシャレさ。
すごい。ピアノがすてきです。

8曲目「Pure Water in Deep River」。
ボスのポエトリーリディング全開です。

9曲目「High Touch」。
ストリングスの入ったダンスチューン。

10曲目「Musubi」。
ピアノで締めます。
なぜか最後は外人のカタコトが一言。



ライブ行きてー!これ。
爆音だとまたスゴイだろうな。

ちょっと気になった方は、
ぜひどっかで試聴してみてください。
ヘッドフォンがおすすめです。


このタイミングでこういう音楽を
出して来るこの人たちはスゴイです。
元々やってることを考えるとなおさら。

CALM氏はソロCD聴いてみます。
どれがいいんだろ。





★JAPANESE SYNCHRO SYSTEM公式サイト(試聴可)



スポンサーサイト
  1. 2006/11/17(金) 16:54:33|
  2. ●CLUB MUSIC
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/35-242de5a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャパニーズ・シンクロ・システム 『THE ELABORATION』

JAPANESE SYNCHRO SYSTEM 『THE ELABORATION』 JAPANESE SYNCHRO SYSTEM・・・待っていた。なにを?真摯に音に向き合う2人が、お互いを活かし2人でなければ出せない音を聴かせてくれるのを。でも音をイメージしきれなか
  1. 2006/11/17(金) 18:40:48 |
  2. ACTIV-A 音楽による脳活性化計画

JAPANESE SYNCHRO SYSTEM / THE ELABORATION

各所で話題沸騰(たぶん)のユニット、JAPANESE SYNCHRO SYSTEM。 まずは公式サイトから抜粋。THA BLUE HERB、HERBEST MOONとして活動するILL-BOSSTINOことKAZUYUKI SHIMIZUとCALM、K.F.、OrganLanguageとして活動するFARRことKIYOTAKA FUKAGAWAによるダンスミュージックを
  1. 2006/11/17(金) 22:01:29 |
  2. SINGSTYRO*musicblog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。