ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

細野晴臣/銀河鉄道の夜(サントラ)



さて、

CDレビュー1枚目です。
はっきりいって、音楽ウンチクを語る
自信は全くありません。

…が、
なんとかしてみたいと思います。

1枚目は、
最近買ったもの…ではなく、
ずっと、中学の頃から聴いている、
自分フェイバリットを1枚、
ご紹介してみたいと思います。

ま、とりあえず…。

1枚目は、
細野晴臣博士の「銀河鉄道の夜」です。


細野博士のCDの中で、
自分はこの「銀河鉄道の夜」が、
一番好きです。

いわずもがな、このCDは、
劇場アニメ「銀河鉄道の夜」の、
サントラ盤です。

サントラ盤というと、
やっぱし、なんとなく、
そのミュージシャンの、
100%オリジナル感が薄い気が
してしまいますが、
このCDだけは、なんか別物なんですよね。


この、アニメの映画の方も、
自分は大好きで、
何度も何度も観ています。

このサントラの曲はどれも、
映画での、画や、情景や、
登場人物の演技にあっているにも関わらず、
BGMであるはずなのに、
それぞれがちゃんと、曲として聴けます。

なのでもう、全然、BGM集などではなく、
オリジナルの独立したアルバムです。

そういうふうに
サントラを、成立させてしまっているのが、
細野博士の凄いとこだよなあ~
と、聴くたびに思います。



特に好きな曲は、
14曲目「ジョバンニの透明な悲しみ
(なんていいタトルでしょう)
と、20曲目「エンドテーマ銀河鉄道の夜」です。

14曲目は、劇中での、
蠍座の話のシーンで流れるピアノ曲です。

確かに悲しいけど、
静かな激情を感じる、
きれいな曲です。


20曲目は、もう、
細野さんの曲の中で
一番好きかもしれない曲
です。

単純なメロディの、
幻想的で雄大な広がりを持つ曲です。

劇中では、その名の通り、
エンドクレジットで流れます。

星空の中でこの曲が流れ、
そこに、
常田富士夫(日本昔ばなしの声優さん)の、
朗読がかぶるのです。

朗読は、
宮沢賢治の原作の、
冒頭の数節なのですが、
これがまた、すばらしく幻想的で、
絶品です。


あと、
これは後から知りましたが、
11曲目「プリオシン海岸」は、
「プリオシーヌ」という細野さんの
オリジナル曲のアレンジ版だったりもします。

粋ですね。



奥村靫正デザインによる、
ジャケットワークも秀逸です。



このCDが作られた頃、
細野さんは、旅行をテーマにした
アルバムづくりに励んでおられました。

その、一連に含まれているのか、
いないのか、知らないのですが、
このアルバムこそが、
サイトシーイングミュージックアルバム、
だと思います。


ginn.jpg

自分の、です。

そんな感じっす。




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2006/10/17(火) 20:09:51|
  2. 細野晴臣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/3-2ba565ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。