ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久石譲/風の谷のナウシカ~はるかな地へ…(サントラ)



もう1枚サントラを。
久石譲風の谷のナウシカ」サントラ盤。
僕のインストゥルメンタル音楽のルーツです。



僕は、小学校4年生の時に、
ナウシカをロードショーで観ました。

小4ながらも、
ものスゴい衝撃を受けた僕は、
その後数ヶ月、ナウシカワールド
どっぷりはまってしまいました。

それが、
オタク道への始まりでもあったのですが、
同時に、歌謡曲ではない音楽、
いわゆるインストゥルメンタルを
聴くようになったきっかけ
でもありました。


知り合いの方が、
サントラ盤をカセットテープに
ダビングしてくださって、
(当時、まだCDは普及してないです)
それ以来もう、
ずーーっと聴いてました。
このサントラ。
何度聴いたか知れません。

最初は、
映画のシーンを思い出すツールとして、
サウンドトラックを聴いていた感じでしたが、
だんだん、インスト音楽の魅力に
気づいていったという訳です。


いまだ色褪せる事のない、
映画音楽としても名曲中の名曲である
メインテーマ曲。

12曲目の「ナウシカレクイエム」から、
13曲目のエンドテーマ「鳥の人」への流れは
スゴイです。感動します。



他の曲でも、
♪ラン ランララ ランランラン~
も好きでしたし、
10曲目の「メーヴェとコルベットの戦い
という速めの曲が好きだったのを
憶えています。

「ああ、歌が入っていなくても興奮できるんだ」
という、ホント、
第1歩に気づかせてくれたのは
実はこの曲なのでした。


という訳で、
このサントラ盤は
僕のルーツなのです。


ちなみに、
この映画のキャンペーンガールとして
デビューした安田成美の歌う、
松本隆作詞、細野晴臣作曲の
あの名曲はこのサントラには入ってません。







スポンサーサイト
  1. 2006/11/10(金) 13:14:53|
  2. ●サントラ盤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

わたしが初めて自分で買ったCDはナウシカのサントラでした。
やはり4年生くらいだったと思います。
こども心にいい曲だなぁと思っていました。
カミングアウトしてみました。
  1. 2006/11/10(金) 21:35:25 |
  2. URL |
  3. mil #-
  4. [ 編集]

>むっちゃん

ナイスカミングアウト。
やっぱここらへんだよね。
オレらはね。

…ちなみにオレはガンダムでした。
  1. 2006/11/10(金) 23:42:45 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/27-a48e75dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。