ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

細野晴臣/アンビエント・ドライヴァー(本)



この本を読んで、
細野さんは“天才”であることを確信しました。

細野晴臣氏の最新エッセイ集、
アンビエント・ドライヴァー」です。


この本には、
1995年から1996年に連載された
THE AMBIENT DRIVERと、
2002年から2006年に連載された
SENSE OF WONDERという、
細野さんのエッセイ群が収録されています。

そのときそのとき、徒然に、
細野さんが感じていたことを
感じたままに書いた文章です。

現在、細野さんの公式サイト
Daisy World Wide Webで連載されている
quiet voice”みたいなノリです。
タイトルこそ違えど、書いている本人は同じなので、
その、少し以前のものがまとまった本と考えると、
その通りだと思います。

逆に言えば“quiet voice”は、
この本のつづき、ということになると思います。


と、いうわけで、
僕はこの本を読んで、
細野さんは天才である
と確信したわけですが、
その説明を少し。

この本に収録されているエッセイを
書いていた時期、細野さんは、
YMO再生での自身の疲弊を癒し、
再び、東京シャイネスなど、
自身の音楽活動へと戻っていった
過程をつづっています。

そしてそれは、今後発売されるであろう、
自身の久しぶりのソロアルバム制作へと
繋がっていくようでもあります。

この本は、
要するに、その記録だと思うのですが、
天才細野さんの文章は、
一読、そうとはわかりません。

わからなくさせている要因は、
一環してこの本の中で語られている、
ネイティブ・アメリカンの考え方への傾倒や、
細野さんに起こる、さまざまな怪奇現象のせいです。

この本、実は何も知らない人が読んだら、
ちょっと変わったオカルトなおじさんの
独り言みたいなんです…。

読めばわかります。

でもまあ、なんていうか、
特別な星の下に生まれた人というのは、
そういうものなんだと思います。
ほんとに。

この本の文章を、
細野さんはだいぶ正直に、素直に、
書いていると思います。

そこから、見えてくる、
細野晴臣という人物像は、
「優しそうなおじさん」
という側面のほかに、
「異常なほどマイペースで、
全てを主観でとらえきる人物」
という側面を読み取れると思います。

細野さん並びに、その他の、
世に棲む“天才”たちは、
物事を基本的に「主観」でとらえるのは、
「当たり前」だろうと、言うと思います。

そこには、客観性もあるのですが、
“判断”をするのが「ほぼ100%主観」なのです。

それも「当たり前」だろうと言うと思います。

しかし、凡人というか、
僕を含む、フツウの人々はそうではないです。
なにかと、人の意見に流されたり、
自分に対する自身のなさから、
フツウの人々は普通、
物事の判断を「100%」自分では
できていないと思います。

ちょっと極端な言い方をしていますが、
そういうアイデンティティの強度こそが、
細野さんを“天才”たらしめている
大きな要素だと思うのです。

もちろん、
音楽に対しても普通の人より
遥かに思考してるし、愛している
人であると、もちろん思います。

ただ、そういう“天才”に共通する、
“特性”というのがある、
と、僕は考えているのです。

僕は、仕事柄、
“天才”な人たちと関わることが多いので、
「天才論」にはちょっと自負があります。

他にも、
普通、そこまで気にしないことを
気にしすぎたりとか、いろいろあるのですが、
細野さんのこの本からは、
如何に細野さんが“天才”に必要な
要素を兼ね備えているかを、
文章の端々に感じました。



もう、だいぶ長くなってしまったので、
開き直ってもう少しつづけます。



“エッセイ”という類のテキストは、
ある意味特殊なテキストだと思います。

日記でもないし、論文でもないし。
あるいはそのどちらとも言えますし。

著者に対する、
読み手の興味の度合いや、
方向性で面白みが変わってくるような
気がします。

なにが言いたいか…というとですね。
この本、誰が読んでも面白いかというと、
決してそうではないと思うわけです。

細野さんに興味がある人には
面白いけれども、そうでない人には、
面白くないかもしれないです。

僕は、とても面白く読みました。
細野さんに興味もあったし、
細野さんの音楽も大好きなので。


今回、それだけではなくて、
この本と出会ったタイミングも良かったりしました。

ここ最近…ちょうどこの本を
読み始めた頃ですが、
僕は、中学生時代以来の音楽への
異常な傾倒をはじめました。

それまで、ここ数年、
CDは買っても、月に1~2枚でした。
(基本、レンタルしないので、聴くのは買ったものだけです)
ところが、ここ数ヶ月、
1週間で10数枚のCDやレコードを買い、
それらを浴びるように聴いて過ごしています。

いままで、知ってはいたけど、
ちゃんとは聴いてこなかったジャンルの音楽を
聴いています。
その情報吸収力たるや、
我ながら呆れるほどです。

そんなとき、
タワレコでこの細野さんの本も買って、
毎晩、寝る前に、ベッドの中で
2~3のエッセイを読んでから寝ていました。

それは、勉強とか、
そういうつもりじゃ全然なかったんです。
音楽モードだから、
読むものも音楽に関する本に
自然となっただけです。

1995年から2006年の細野さんの
エッセイは、ちょうど僕が音楽から
離れていた時期と一致しました。

エッセイの中で、
細野さんが折々振り返る
細野さん周辺の音楽事情は、
僕を、ナビゲートしてくれました。
それはとても心地よかったです。


たぶん、
音楽を文章で読む、という行為は、
なんていうか、ある意味成立するものだな、
と、この本を読んで思ったんです。

楽器は弾けないけど、
自分が吸収した音楽を、
文章に還元することは、
自分にとっては有効かも知れない、
と、思って、このブログをはじめました。

そんな感じです。

駄文、長文、失礼しました。




★細野晴臣公式サイト

スポンサーサイト
  1. 2006/11/04(土) 01:19:05|
  2. 細野晴臣
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/21-4d0c0467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

細野晴臣 / 東京シャイネス

とりあえず、時系列的に考えてってことで、狭山から見た。はっきり言ってヨタヨタの演奏に最初は驚いたんだけど(特に細野さんのギターね)、最後は感動が止まらなかった。あんな"ありがとう"をやられた日には。本人が二度と戻らない奇跡だったっていうのが分かる
  1. 2006/11/05(日) 08:37:45 |
  2. season -the diary of mellow rock-

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。