ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

bonobos/Standing There ~いま、そこに行くよ~(シングル)



LIVEでも売り出し中のbonobosの新曲、
Standing There ~いま、そこに行くよ~
買いました~聴きました~。


1. Standing There ~いま、そこに行くよ~
2. や、おんTracks ~50minutes of 日比谷野音~
衛星~あまい夕暮れ~運命の人~
よあけまえ~あたらしいひ~Beautiful~
光のブルース~ THANK YOU FOR THE MUSIC


…というわけで、
このEP、カップリングがものスゴいです。
DVD「や、おん」未収録2曲含む、
50分1トラックのLIVE@野音の音源入りです。

DVDには未収録だった、
あまい夕暮れ」「よあけまえ」は必聴っす。
衛星→Beautifulまでの流れ、めちゃ良かったです。



いきなりオマケの方から紹介してしまいました。
すいません。

新曲「Standing There ~いま、そこに行くよ~」。
男はともかく、
女の子にとってはあったかめの、
癒し系ポップソングですね。
これから冬ですしね。

この曲は、
コジロウ君の作詞作曲で、
日比谷野外音楽堂でも、GOLDEN SESSION vol.3でも、
お披露目されていた曲でした。


GOLDEN SESSION
の時は、
このCD同様、HAKASE-sunの弾くピアノと
蔡君の歌いだしがキレイなアレンジでしたが、
野音の時のイントロはホーンズからでした。

そっちは、
DVD「や、おん」アンコールに収録されているので、
聴き比べるのもまた一興だと思います。


THANK YOU FOR THE MUSIC」のように、
今後、ライブではトリの曲として演奏されて
いくのだろうなあ~という曲。

ライブで聴いたときよりも、
CDで聴くと「かなりPOPSだなあ…」という印象でした。
(すでに)初期bonobosのゆるさとは、
ちょっと一線を画した曲かも
です。




ところで。

自分、ちょっと勘違いしてて、
bonobosってもう少し売れているバンドなんだと
思ってたんですよ。いまさらですけど。

このシングルの発売のされ方で、
ああ、これから本気で売り出しなんだなぁ…
と、わかりました。

LIVE音源の他に、CM動画壁紙もオマケして、
¥1,050という据え置き値段での
サービス満点具合。
プロダクションの意気込み十分ですが、
反面、ちょっと心配にもなります。



bonobosは良いバンドです。
DVDのメンバーのインタビュー見ても
そう思いました。

ツアーもこなして、
いい曲もできて、ここでガッツリ売り出し!
…というのは当然の話です。
売れるってのも大事なことですしね。

ただ、東京の〈消費〉のスピードってのは、
世界的にも異常なほど、
やっぱ速いんです。

いいバンドってすぐ解散するじゃないですか。
アレは、売れたことでバンド内に
エゴが充満して、不和が生まれて解散
…っていうケースよりも、
(そういうこともあると思うけど)
売れるまでにやってきた自分達の本質を
見失いそうな危機感から、
疲弊して空中分解するぐらいなら、
自分達の意思で解散を選択しよう…
っていうことの方が多いと思うのです。

急激な環境の変化と、
バンドのペースとのズレです。

矛盾してるけど、
つまりそこそこ売れない方が、
継続しやすいんですよね。


ナ~ンていう余計なことを、
このCD聴いて感じてしまいました。
ネガティブなレビューですいません。
老婆心です。

つまり売れそうな
良いシングルだな、って
思ったんです。

好きなバンドだからこそ、
こういう心配をしちゃう質なんで。


自分達のペースを大事にして、
ずっと続けて欲しいんですよね。
bonobosには。





★bonobos公式サイト



スポンサーサイト
  1. 2006/11/03(金) 12:05:20|
  2. bonobos
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

コメント

ここ数日でいくつかインタビュー読んだのですが、
やっぱりボノボはこの曲で勝負に出ているんですね。
いろんな人に聞いてもらうための曲と、
自分たちのやってきた音楽との、
ぎりぎりのところで出来た曲みたいですよ。
売れることはうれしいことなんだけど、
これからもリトルテンポとかこだまさんとかと
ライブが出来るバンドであって欲しいです。
  1. 2006/11/04(土) 22:46:50 |
  2. URL |
  3. ショコラ #-
  4. [ 編集]

>ショコラさん

ですよね!
バンドが変化していくのは当然だけど、
その変化は、あくまでも、
やりたい音楽によっての変化であって欲しいっす。

  1. 2006/11/05(日) 00:18:24 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

そうかー、そんな見方があるのですね。

確かにLIVEよりポップな印象はありました。

でも、やはり「女の子」だからでしょうか、
簡単に暖かくなれました。
素直に、友達にもプレゼントしたいな、と思いました。

ぶーさんの心配事、読んだ後から私もよーく
考えてみました。インタビュー見た感じでも、
彼らの「繊細さ」みたいなものも伝わってきましたからね。
なっちゃんがある意味一番寛大なのでは、と(笑)。
彼女がきもなのでは?と。

これからが楽しみですね。
もう、心の底から応援してます。
だって、LIVE前編通して感動できたの、久しぶりでしたから。
  1. 2006/11/09(木) 01:36:19 |
  2. URL |
  3. akk. #-
  4. [ 編集]

>akk.さん

コメントどもです!
いやもう余計な心配であるのは重々承知で
書きましたです。
でもまあ、なんかこう、
くるりにしてもサンボマスターにしても、
ピークを迎えちゃうと下降線を辿る方程式は
あるなーと思って、bonobosがそうなるのは
ちょっとやだな~って思ったんですよねえ…。
サニーデイみたいに解散しちゃうか、
あんま売れないままフィッシュマンズみたいに
テンションを保ち続けるか…。
そんな感じ。
bonobosのメンバーは、
なっちゃんと辻君が支えで、
蔡くん、コジロウくん、松井くんの
エネルギーでバランスをとってる感じっすよね。
辻くんもキモですよ。たぶん。
  1. 2006/11/09(木) 10:19:22 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

はじめまして。TBありがとうございます。
Fishmansのリユニオンライブで気になりだし、"Thank you for the music"で好きになり、この曲で完全にはまりました。
この曲目当てで、COUNTDOWN JAPAN 06/07に行こうと思ってます。
いいバンドに出会えて、よかったと思う今日この頃です。
  1. 2006/12/15(金) 00:18:56 |
  2. URL |
  3. emam #-
  4. [ 編集]

>emamさん

コメントありがとうございます!
オレは18日のAXもカウントダウンも、
チケットはあったのに…いけなくなってしまいました~
楽しんできてください!!
  1. 2006/12/15(金) 01:45:51 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/20-d26296e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Standing There や、おん

でましたでました。bonobosの新曲『Standing there』とDVD『
  1. 2006/11/04(土) 22:47:41 |
  2. ひとりごと・ぶつぶつ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。