ぶーラボ ←TOP

♪気持ち良くてカッコいい音楽をご紹介♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CORNELIUS/THE FIRST QUESTION AWARD

THE FIRST QUESTION AWARD


往年の傑作。



言わずと知れた、
元フリッパーズギターの小山田圭吾こと、
コーネリアスの1stアルバム。



1、太陽は僕の敵
2、ホワット・ユー・ウォント
3、サイレント・スノウ・ストリーム
4、パーフェクト・レインボウ
5、バッド・ムーン・ライジング
6、カナビス
7、レイズ・ユア・ハンド・トゥゲザー
8、バック・ドア・トゥ・ヘブン
9、ファースト・クエスチョン・アワードのテーマ
10、ラヴ・パレード
11、ムーン・ライト・ストーリー


改めて聴くと、
完成度の高さに驚きます。

かなりポップです。

それでいて、
バック・ドア・トゥ・ヘブンのような、
インストベースの聴かせる曲や、
ホワット・ユー・ウォントのような、
ギターリフ強めの曲もあり、
バラエティはばっちりです。



コーネリアスの歴史において、
一番わくわくさせてくれたのは、
このファーストだと思います。

あの「Cマーク」のティーシャツをひっさげ、
颯爽と登場したコーネリアス。

当時は、
「小山田君1人なのにバンド??」的な感じ、
ありました。

ユニットっていう概念がなくて、
「個人でやるなら個人名」しか考えられなかったのです。

しかも、
映画「猿の惑星」に登場する猿の名前そのまんま。
「パクリ??」
という発想しかなく、
「いったい小山田圭吾は何を始めるつもりなのか」
というわくわく感がすごくありました。

ミュージシャンが、雑誌を巻き込んで、
サブカル的にメディア展開する方法論は、
フリッパーズが発明したものだと思いますし、
コーネリアスでも、最大限それを利用して、
小山田君はコーネリアスの世界観を構築しました。

いま同じことをやっても、
古いだろうけど、
コーネリアスぐらい上手に
他メディアを利用するミュージシャンも、
なかなかいませんよね。














スポンサーサイト
  1. 2008/04/22(火) 23:15:51|
  2. CORNELIUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boolabo.blog79.fc2.com/tb.php/106-07a20688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。